国保の女性は必見!国民年金保険料の産前産後期間の免除制度

【国民年金保険料の産前産後期間の免除制度】

知っていましたか?

Twitterで話題になっていて、知らない人が多かった制度の1つです。

母子手帳に記載してあったり、もらう時に教えてくれたりもしますが、

妊娠する前から分かっていた方が安心できますよね。

スポンサーリンク

妊婦は国民年金保険料を免除してもらおう

国保に加入している妊婦さんのために2019年の4月からできた国民年金保険料の産前産後期間の免除制度。

簡単に説明をしますね。

対象者は?

対象となるのは【国民年金第1号被保険者】です。

日本国内にお住まいの20歳以上60歳未満の自営業者、農業・漁業者、学生および無職の方とその配偶者の方(厚生年金保険や共済組合等に加入しておらず、第3号被保険者でない方)。

引用:日本年金機構

いつからいつまで免除されるの?

免除対象期間は、お腹の子の人数で変わります。

出産予定日または出産月の前月から4ヶ月間。

多胎妊娠(双子や三つ子など)の場合は、出産予定日または出産日月の3ヶ月前から6ヶ月間。

お腹の子が1人として解説しますね

例えば予定日が2020年の1月なら、12月から1月2月3月の4ヶ月間が免除されます。

申請はいつどこでするの?

こちらの申請ができるのは、お住いの市役所の国保年金課出産予定日の6カ月前から!

母子手帳とマイナンバーカードや免許証があれば申請できるとありますが、市町村によって違うかもしれません。



払っていない期間はどうなるの?

ここが重要ですね!免除される期間は国保はもちろんですが、年金も支払ったのと同じことになるんです。

なので、申請をしたからと言って将来もらう年金は減りません。

申請をし忘れていた!どうなる?

大丈夫です!実は産後でも申請をすれば4か月間適用されるんです。

ただし、制度が始まったのが4月からで平成31年の2月からの出産にしか申請できません。

さらに、2月3月出産の場合でも制度が始まった4月からの免除のみです。

ただ、もらえないよりは助かるので申請しましょうね。



妊娠したら国民年金や国民健康保険はどうするの?

今までは親や会社の社会保険だったけど、結婚して仕事を辞めた。

その場合、同居だったら親や義親の社会保険に加入することもできます。

が、夫婦のみで旦那さんが国保だったら、自分も国保になりますよね。

国保は働いていなくても支払う?

自分に収入が無ければ払わなくてもいいのでは?

と思うかもしれませんが、国保は世帯所得を人数割りして~と計算されます。

でも、総所得が少なくて払えない!

そんな時のために国保には法定軽減と申請減免があります。

こちらも、申請しないとどうにもなりません。

とりあえずお住いの地区の市役所へ電話して聞いてみましょう。

 

知らないと損する事ってたくさんあります。

新聞やHPを見れば載っていたとしても、忙しい毎日で目を通していられないですよね。

簡単な検索方法としては

〇〇市 出産 補助 助成 免除 

など、自分が住んでいる地区の名前と一緒に検索してみてください。

税金関係は市町村ごとで受け付けているので、ある程度聞きたいことをまとめて電話するのが一番早いと思います。

 

※専門職ではなく気になったので調べて書いています。多少違っても怒らないでね。

国の公式サイトはこちらです。

https://www.nenkin.go.jp/service/kokunen/menjo/20180810.html

 

【得するブログ人気記事】

amazonのクーポン&パントリーが得すぎる

【目指せ1万円】在宅ワーク初心者はクラウドワークスのタスクワーク!

オルビスユートライアルセットが1000円!アラサーの口コミもw

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました